インプラントについて/小田原市、飯泉の歯医者。虫歯、歯周病、インプラント、矯正歯科、審美歯科など歯の治療は慶歯科医院まで。

HOME > インプラントについて

インプラントについて

インプラントとは

インプラント治療とは、歯の抜けたところにインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。埋め込まれたインプラントは、骨と結合してしっかりと固定されます。その上に取り付ける人工の歯も、患者さんに合わせて一本ずつ作るので、噛みごこちも外観も天然の歯とほとんど変わりません。人工クラウンやブリッジ、部分入歯、総入歯などに替わる歯の修復方法として注目されており、即時埋入法で状態がよい場合は、手術当日に仮り歯を装着して帰宅できます。特に前歯では審美的に優れています。

インプラントの治療方法のご案内

前歯を一本失った場合

従来の治療方法
従来の治療法ではブリッジを使用します。両側の健康な歯を削る必要があります。
インプラント
従来の治療法ではブリッジを使用します。両側の健康な歯を削る必要があります。

奥歯を一本失った場合

従来の治療方法
部分入れ歯を装着します。金属の止め具などに違和感を感じ、見た目も美しくありません。固いものが安心して食べられません。
インプラント
止め具などを使わないため、口の中に違和感を感じません。しっかり固定されているので、固いものを食べても安心です。

全ての歯を失った場合

従来の治療方法
総入れ歯となります。ガタつきがあると安心して食事ができません。入れ歯がズレたり、食べ物が内側に入って痛くなることがあります。
インプラント
自分の歯のようなしっかりした噛みごこちで、安心して食事ができます。入れ歯のように外れる心配もありません。固定式と取り外し式があります。

総入れ歯が安定しない場合

従来の治療方法
従来の治療法では、入れ歯安定剤が作り直しを行います。入れ歯安定剤では、人前で外れるなどの不安があります。
※総入れ歯の場合、顎の骨がやせて入れ歯が合わなくなることがあります。
インプラント
入れ歯の支えにインプラントを使うことで、入れ歯が外れたりガタつくことがなくなり、口もとに安心感がもてます。